秦野の歯科わきた歯科医院は、秦野市・中井町の皆様に最善の歯科・学会認定医による歯周病治療・専門医によるインプラント治療をご提供いたします。
秦野の歯科 インプラント治療・相談 わきた歯科医院
  • 秦野の歯科 インプラント治療・相談 わきた歯科医院
  • 秦野の歯科 インプラント治療・相談 わきた歯科医院

インプラント

インプラントについてのご案内

秦野の歯科 わきた歯科医院 インプラント

インプラント相談窓口


インプラントにかかわる疑問を日本口腔インプラント学会専門医の院長が
直接お答えいたします

わきた歯科医院 アポロニア CT・インプラントチームからお伝えしたい事

インプラント治療をお考えの皆様へ

インプラントでないと解決できないケースは間違いなくありますが、インプラントを必要としないケースもあります。

抜かないといけないと言われた歯をお持ちの方へ

その歯は本当に抜かなければいけませんか?
保存のためにあらゆる手立てをとりましたか?
そしてあなたはそのことに納得していますか?

もうすでに歯をなくされた方へ

抜歯になった原因は理解されていますか?(病名はご存知ですか?)最良の素材である天然歯すら壊してしまったのであれば、その壊れた原因を取り除かなければ代用品であるインプラントも長くもたないかもしれません。

このページをご覧になって下さる方はもうすでにインプラントに関して漠然としたイメージやある程度の知識をお持ちになっていらっしゃっていると思います。でも、その知識は本当に正しい知識ですか?世間に流布している情報はあなたにとって当てはまらない場合もあります。本当に頼りになる情報は、経験の豊富な専門医によってあなたのために作られたあなたのためにあてはまる情報です。

歯の欠損部にどれだけ骨があるのかといった局所的な情報や上述のような歯をなくされた原因、清掃状態、生活習慣、全身状態など様々な要因を総合的に判断された上で提供された情報が不安を払拭し、治療方針の決定につながる情報です。

当院には説明相談外来という外来があり、CT撮影診断分析、説明と相談を1回1時間を2回に分けて行います。およそ2時間で15000円の費用をいただきますが、当院でインプラント治療を受診された方にはインプラント治療費からこの金額を差し引かせていただきます。ぜひご利用ください。

インプラントが長期にわたり良好に維持されるためには患者さん自身がインプラント治療をしっかりと理解することが何よりも大切な鍵と考えています。

特にこの治療を初めて受けられる方は手術やその後の経過には不安や心配を伴う治療法です。カウンセリングによって担当歯科医師や歯科衛生士と信頼関係が築けるかどうかは非常に大きなポイントになります。

説明相談の結果インプラント以外の治療法を提示し、選択される場合もめずらしくありません。インプラントは確かに優れた治療法ですが、すべての患者さんにとって最適で、すぐにでも実施されるような治療法とは限りません。

説明相談外来を受診される方へ

  1. まずご要望をお聞かせください。患者さんが何を求めているのか、それによって治療法の選択が変わります。
  2. もし歯が残っている場合、保存できるかどうかどうかを検討します。
  3. 不安な事や心配な事、疑問点をお聞かせください

CT・インプラントチームでのインプラント治療への取り組みをご紹介します。

研鑽と実績 日本口腔インプラント学会専門医による最善のインプラント治療

担当医及びスタッフの日々の研鑽が安全・安心・正確なインプラント治療の基盤になると考えています。
インプラントを担当する院長は公益社団法人日本口腔インプラント学会の専門医を取得しており、多くの研究会に参加し常に最善の情報を吸収しています。

《(公益社団 日本口腔インプラント学会について 》

日本歯科医師会が正式にインプラントの学会と認定している学会は日本口腔インプラント学会と日本顎顔面学会のみで、この2つ以外の組織が専門医を授与することは認めていません。

講習会を受講するだけで簡単に専門医や認定医を授与するグループもありますが、口腔インプラントに関する知識・技術の取得、あるいはモラルの向上、問題の発生予防など、インプラント治療に関わる医療人(歯科医師・歯科衛生士)は、上記両学会のいずれかに所属することが最低限の目安となっています。

インプラント治療の失敗は、多くの場合歯科医院の選択の失敗が原因になります。学会への信頼や、専門医制度への信頼はインプラント治療そのものへの信頼につながると考えられています。

《(公益社団)日本口腔インプラント学会専門医とは 》

  • 安全安心なインプラント治療を実践していると認定された歯科医に与えられる資格です。
  • 学会発表回数、インプラント症例実績数、症例提示試験合格、学会指定トレーニングコース受講歴、学会参加回数、学会誌への論文掲載など12の条件を満たした後に行われる専門医試験に合格して与えられる資格です。
  • 資格取得後も専門医資格の更新のため様々な研鑽を積むことが義務づけられています。

院長 脇田智文の主にインプラント関連の活動内容

2018年3月
公益社団法人日本口腔インプラント学会 専門医資格 更新
2017年5月
日本歯周病学会 認定医 取得
2013年3月
公益社団法人日本口腔インプラント学会専門医取得(登録番号896)
2012年3月
公益社団法人日本口腔インプラント学会 認証医取得
2012年1月
第29回日本口腔インプラント学会九州支部学術大会(宮崎)で発表
2011年10月
日本口腔インプラント学会 学会誌に論文掲載
2011年9月
第40回日本口腔インプラント学会 学術大会(名古屋)で口演発表
2011年7月
日本インプラント臨床研究会全員発表会で発表
2011年6月
神奈川県秦野伊勢原歯科医師会 学術懇話会で講演
2010年9月
日本口腔インプラント学会 ケースプレゼンテーション試験合格
2010年7月
日本インプラント臨床研究会全員発表会で発表
2009年7月
日本インプラント臨床研究会全員発表会で発表
2005年10月
日本口腔インプラント学会専門医取得のための100時間講習会受講
2001年
日本口腔インプラント学会入会

院長が所属するインプラントの学会・研究会

●日本口腔インプラント学会 ●日本インプラント臨床研究会
●CID( Center of Implant Dentistry ) ●ITIメンバー ●デンタルコンセプト21

CT撮影専用機ファインキューブ
インプラントはいいと聞いたけれど安全なのかしら・・・と迷っている方に

— ファインキューブによる診査の大きなメリット —
★ CT撮影診断によってインプラントは安全・安心な治療になります ★

ファインキューブ

  1. インプラントは骨に穴を開ける外科処置です。しかし骨の内部やその周囲には生命を支える血管や神経が存在します。したがって術前に骨の形態や血管神経の位置を可能なかぎり完全に把握することが必要になります。
  2. 従来の平面で一方向からだけのX線診断だけではこれらの大切な情報を見落とす可能性もあり万全の診査とはいえません。
  3. 特により正確で安全なインプラント治療が求められる症例では、CT撮影を伴う診断がなければ危険ですらあります。正確で安全なインプラント治療のために 最善のハイテクノロジーであるCT撮影専用機は必需品と考え、多方向からの3次元立体像を作成して安心してインプラント治療を受けていただく環境を整えています。
ファインキューブ
  1. インプラントは骨に穴を開ける外科処置です。しかし骨の内部やその周囲には生命を支える血管や神経が存在します。したがって術前に骨の形態や血管神経の位置を可能なかぎり完全に把握することが必要になります。
  2. 従来の平面で一方向からだけのX線診断だけではこれらの大切な情報を見落とす 可能性もあり万全の診査とはいえません。
  3. 特により正確で安全なインプラント治療が求められる症例では、CT撮影を伴う診断がなければ危険ですらあります。正確で安全なインプラント治療のために 最善のハイテクノロジーであるCT撮影専用機は必需品と考え、多方向からの3次元立体像を作成して安心してインプラント治療を受けていただく環境を整えています。
ファインキューブなお、わきた歯科医院では、出来るだけ最小化された放射線量を用いたCT撮影を行っています。ご安心ください。

なお、わきた歯科医院では、出来るだけ最小化された放射線量を用いたCT撮影を行っています。ご安心ください。

ファインキューブ

— ファインキューブが院内設置されているメリット —

ファインキューブ

なによりインプラント手術中あるいは術直後の安全確認のためのCT撮影が可能になり、シミュレーション通りの正確なインプラント治療を可能にします。

無切開インプラント
インプラントはいい方法と聞いたけどチヨット怖いな・・・と心配されている方に

— この方法ではメスをほとんど使いません その訳は・・・ —

歯肉の上から直接埋め込み

従来のインプラント治療はその対象となる骨の形を目視によって確認するために骨の表面に存在する歯肉を切開剥離する必要がありました。

しかし、わきた歯科医院に設置されたCT撮影機によって術前にその形態を把握しているために、歯肉を切開する必要がありません。もちろん縫合の必要もありません。

そのために術後の痛みや腫れ出血が抑えられ手術時間の短縮も可能になりました。患者さんの不安な気持ちや肉体的なストレスを最小限にできる方法ですが、すべてのケースでこの無切開インプラントが可能なわけではないので詳細は担当医にお尋ねください。

従来のインプラント治療はその対象となる骨の形を目視によって確認するために骨の表面に存在する歯肉を切開剥離する必要がありました。しかし、わきた歯科医院に設置されたCT撮影機によって術前にその形態を把握しているために、歯肉を切開する必要がありません。もちろん縫合の必要もありません。
そのために術後の痛みや腫れ出血が抑えられ手術時間の短縮も可能になりました。患者さんの不安な気持ちや肉体的なストレスを最小限にできる方法ですが、すべてのケースでこの無切開インプラントが可能なわけではないので詳細は担当医にお尋ねください。

歯肉の上から直接埋め込み

幅広いインプラント治療の提案と対応

— 他の歯科医院でインプラントができないと断られた方 —

骨の狭い方、骨量の乏しい方、骨の移植が必要と言われた方、All on 4(総入れ歯あるいは多くの歯を無くされた方でも、手術当日からやわらかい食事が取れる治療法)を希望される方などなど、相談に応じます。

わきた歯科医院で採用している信頼のインプラントシステム

— 他の歯科医院のインプラントと何が違うの?とお考えの方に —

  • ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステム
    ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステム
  • ストローマン社製ストローマンシステム
    ストローマン社製ストローマンシステム

ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステム

ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステム

ストローマン社製ストローマンシステム

ストローマン社製ストローマンシステム

インプラント材料のメーカーは国内外に多数ありますが、歴史・実績・信頼ではこの2つのシステムが他の追従をゆるしていません。自動車に例えるとベンツあるいはBMWに相当すると評価されています。
確かに高額ですが、安心と信頼を最優先してこのシステムを選択しています。両社ともインプラント本体に10年保証を設定しています。

ブローネマルク教授
ブローネマルク教授
1965年 世界で始めてインプラント治療に成功したパイオニア
埋入処置後40年以上経過後もそのインプラントは問題なく使われているそうです。

CT撮影に基づいた3次元的骨形態解析・
シュミレーションシステム シンプラント

CT撮影に基づいた3次元的骨形態解析・シュミレーションシステム シンプラント

シュミレーションソフトCTによって正確に把握できた骨の形態に対して手術のシュミレーションを行うソフトです。
術前に危険性を把握し回避のための対策を立ててから当日に臨むため、安全で正確そして短時間の手術を可能とします

咬合力解析システム
オクルーザー より細かい計画をお望みの方に

咬合力解析システム オクルーザーインプラントの最終的な目的の1つはしっかりと咬めることです。一人一人の咬む力の強さを数値化し、分析することでインプラントの埋入本数・埋入位置などのよりきめ細かい立案が可能となります。このことは埋入したインプラントがより長期に及び問題なく機能することに貢献します。

滅菌器
オートクレーブ 感染症対策は?と心配されている方に

滅菌器 オートクレーブごく当然のことですが、インプラント埋入治療において必要な器具を最高レベルにおいて滅菌(消毒よりさらに上のレベルの細菌・ウィルスの除去)をしています。
感染対策の基本です。

モニター 心電図、脈拍、血圧、動脈血酸素飽和度自動測定器
持病を持っているのだけれど大丈夫かしら?と不安な方に

動脈血酸素飽和度自動測定器インプラント埋入治療は、麻酔による無痛下ですが、外科手術が必要となります。
高齢の方あるいは健康状態に不安を抱えている方に対しても安心して安全な治療が可能になるようにモニターによる管理下で全身状態を把握しながら外科手術をおこないます。

AED 自動体外式除細動器 酸素吸入装置 その他救急対応

AED 自動体外式除細動器上記のようなモニターによる管理下でも万が一 心肺機能の低下が発生したような場合、大切な患者さんの体を守るため、当院ではAEDや酸素 救急薬品を常置し、常に使用できる状態にしています。ご安心ください。

メンテナンスと保証制度
インプラントはどのぐらい使えるの?とお尋ねの方へ

残念ながら統計では10年後も使えているインプラントは100%ではない (97%程度)という現状が存在します。
10年を超えて20年、30年と問題なく使えるためにセルフケア(ご自分での管理)とメンテナンスが必須です。

インプラント治療の性質(欠点)をよく理解され、リスク管理が出来ていないとインプラントそのものが無駄な治療になることがあります。
当院で規定されたメンテナンスに来院されている方には術後も安心な「保証制度」をご用意しています。
詳細は担当医にお尋ねください。

信頼関係 そしてメンテナンス
何か問題が起きたら・・・とためらっている方へ

転居、転職、結婚などで来院が不可能にならない限り、当院において1本でもインプラント治療を受けられた患者さんに対しては、インプラント以外でも口腔内に問題が出てきたら、できるだけ当院で対応させていただきたいと考えています。

埋入されたインプラントが10年・20年あるいはそれ以上問題なく使い続けられる事を目標としています。

インフォームドコンセント
治療方針の説明と同意・選択 よく話を聞いてみたい・・・と希望される方に

インプラント治療は多くの方にとって初めて経験する治療です。その利点欠点あるいは他の治療法との比較などをじゅうぶん説明の上、納得の上この治療方法を選択していただきたいと考えています。

インプラント周囲炎対策 歯周病・インプラントセンター

インプラントが骨から抜けてしまう病気がインプラント周囲炎です。インプラント周囲に発生する歯周病とご理解ください。インプラント治療が長期的にみて失敗する原因は、このインプラント周囲炎です。つまり適切な歯周病治療がなされていなければ、そのインプラント治療が無駄になることもあります。

わきた歯科医院の秦野 歯周病・インプラントセンターは、日本歯周病学会認定医の院長がインプラント周囲炎対策を行っておりますので、ご安心ください。

日本口腔インプラント学会認定 専門歯科衛生士

口腔インプラント学会が認定した専門歯科衛生士の資格を取得した歯科衛生士が常勤しており、高いレベルのインプラント治療やメンテナンスに従事しています。

そもそも“インプラント”とは?

院長のインプラントに対しての見解

正確で安全に埋入されたインプラントは歯を失くして困っていらっしゃる患者さんにとって福音(喜ばしい知らせ)になると思います。
なぜならば、失くした歯を元に戻したいという患者さんの願いを実現できる最良の選択肢が、このインプラントだからです。歯を失くしたままにしておくことは望ましくありません。しかしいくつかの条件が揃わなければインプラント治療は実現しない方法であり、他の治療方法をお勧めすることもあります。

まずはご相談ください。一緒に最善の方法を検討しましょう。治療方法に対して考える時間ときっかけと判断材料を提供する事も私たちの仕事です。

インプラント治療を受けた患者さんの声

  • わきた歯科医院では、平均すると週に数本のインプラント埋入治療を行っています。
  • より正確で安心なインプラント治療を可能にするために、アンケートを実施して、常に改善に努めています。
  • 以下は、いただいた回答の一部です。ご覧ください。
患者さんの回答 その1 患者さんの回答 その2
患者さんの回答 その3 患者さんの回答 その4
患者さんの回答 その5 患者さんの回答 その6
患者さんの回答 その7 患者さんの回答 その8
患者さんの回答 その9 患者さんの回答 その10
患者さんの回答 その11 患者さんの回答 その12

インプラントとは

インプラントの構造
  • 歯を喪失したあとに顎の骨に埋め込むチタン製の人工歯根のことです。
  • 歯を失った部位を失う前の状態に一番近く回復できる治療方法です。

インプラントの利点・インプラントにする理由

  1. 取り外し式の義歯に比べて、着脱の不便さや口の中での異物感が少なく、日常生活での快適さや心理的な若さを損ねることが少なくなります。
  2. 取り外し式の義歯に比べて、自然な咬み心地、外観が得られます。
  3. 従来の固定式のブリッジは、作製するときは健康な両隣の歯を削り、さらにその歯に過剰な咬合力を負担させてしまうことがあります。その結果、両隣の歯の寿命を短くすることがありました。インプラントはその心配がありません。
  4. 歯を失ったことは、他の残存歯にその能力を超えた咬合力を負担させてしまい、結果として、抜かざるを得ない歯の本数が増加する原因につながります。
    このような将棋倒しに似ている歯列の崩壊に対しての最良の解決策がインプラントです。

インプラントの欠点・インプラントにしない理由

  1. 埋め込むため、外科処置を必要とします。
  2. 健康保険が適用できません。完全自費診療です。
  3. 顎骨の状態や全身の状態によっては、インプラント治療が困難になることがあります。

残念ながらすべてのインプラントメーカーによる統計では10年後も問 題なく使えている
インプラントは100%ではありません。セルフケア (ご自分での管理)とメンテナンスを怠るとインプラント治療そのもの が無駄になってしまうこともあります。10年をこえて20年、30年と問題なくインプラントを使用できるためには、インプラント治療は埋入処置を受けた後のメンテナンスが必須です。

インプラント相談

当院ではインプラントの相談日を設けております。希望される方は事前に予約が必要です。CTによる診療は有料になります。

よくある質問

痛いですか?
もちろん局所麻酔を行った上でインプラントを埋入しますので、手術中には痛みを感じることはありません。
麻酔が切れたあとの痛みに関しては、抜歯処置と同程度と思われます。ほとんどの場合、鎮痛剤の服用でコントロールできています。
治療費は高くないですか?
確かに初期の投資としては低くない金額ですが、「歯のある生活を取り戻す」「他の残存歯を守り、失わない」というメリットを考えると、長期的には優れた治療法と考えています。
インプラントは失われたそしゃく機能を回復するための人工臓器です。
失われた機能の回復のためには、時間と手間とお金がかかります。残念ながら現在の歯科の健康保険制度は、このような治療法は適応されません。
どのくらいもちますか?
すべてのインプラントが生涯にわたり機能し続けるわけではありません。適切なブラッシングやメンテナンスを怠ると、インプラント本体が顎の骨から脱落することもあります。
インプラントは完璧な治療法ではありません。その特徴を理解していただき、私たちアポロニアCT・インプラントチームと協力しながら、長期使用を実現しましょう。
私の口の中にも大丈夫ですか?
インプラント治療は必ずカウンセリングから始まります。まずは相談されることをお勧めします。
高齢ですが・・・
当院で手術した最高齢は83歳で6本のインプラントを現在も使用されています。ご高齢でも基礎的な病気が軽度なら可能です。あきらめずに気軽に相談して下さい。

インプラント治療

診療・相談のご予約、お問い合わせは TEL 0463-84-4618 診療時間 9:00~13:00/14:30~18:00

秦野の歯科 わきた歯科医院 秦野 歯周病インプラントセンター
秦野の歯科 わきた歯科医院 相談説明外来
秦野の歯科 わきた歯科医院 求人のご案内

診療のご案内

診療科目
診療時間
 9:00~13:00/14:30~18:00
 (最終受付17:30)
休診日
 火曜、日曜、祝日

アクセス

秦野駅前・駐車場あり・車いす対応
  • 秦野駅前徒歩1分
  • 小田急線・秦野駅南口ロータリーに面するビルの2階
  • 駐車場6台完備
  • 車イスの方はエレベーターを御利用下さい。
秦野の歯科 わきた歯科医院 駐車場マップ
住所
 〒257-0011
 神奈川県秦野市尾尻932-17
電話番号
 0463-84-4618
お問い合わせ お気軽にどうぞ

PAGETOP
Copyright © 秦野の歯科 わきた歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.